« こどもやまづくり教室中間報告 | トップページ | 教室2日目 »

2010年8月 7日 (土)

教室初日

20100807kodomoyamadukurikyousitu1

8月6日に“こどもやまづくり教室”と“川場まるごと滞在記”を終えて、無事に戻ってきた。
これから、少しずつ教室を振り返っていきたい。

教室初日の8月2日。

朝、世田谷区役所前を出発した一行は、川場村に着くと、5日間の生活拠点となる“なかのビレジ”で川場村からの参加者と合流した。

まずは、開塾式(写真左上)。
世田谷区からの参加者と川場村からの参加者の対面から。
お互いにちょっと緊張しながらも期待感に胸をふくらませた。
その後、斑の発表やリーダー・スタッフの紹介をすませて、皆でお弁当タイム。

お弁当でお腹を満たした後は、最初の試練。
班名と自分の名前を書いた白い布をビブスに縫いつける作業だ(右上)。
針に糸を通したことすらない子どもも少なくないなかで、作業は難航したけれど、全員が無事完了。
自分のことは自分でやるのが“森林(やま)づくり流”。

次は、なかのビレジの館内探検(右下)。
“自分のことは自分でやる”を実行するためには、どこにお風呂があって、どこにトイレがあるのかを知ることが第一歩。

そして、その後は、さっそく森林散策に出かけるのが当初の予定だったのだが、あいにくの荒天。
各班ごとに集まって、七夕飾りの短冊書きにプログラムを変更した(左下)。
これからの5日間の目標を意識するのが目的だ。
川場村では、七夕も旧暦で行うので、けっして季節外れではない。

裁縫も短冊書きも、自分自身の頭と手を使うトレーニングでもある。

初対面の緊張感や移動の疲れを癒し、翌日以降に備える助走の日となった。

20100802 教室初日

|

« こどもやまづくり教室中間報告 | トップページ | 教室2日目 »

森林(やま)づくり活動の記録2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/36070394

この記事へのトラックバック一覧です: 教室初日:

« こどもやまづくり教室中間報告 | トップページ | 教室2日目 »