« クサカゲロウの仲間の幼虫 | トップページ | ニホンカモシカの出産 »

2010年8月31日 (火)

セモンジンガサハムシ

20100831jinngasahamusi

これもまた小さな小さな昆虫。

セモンジンガサハムシという甲虫だ。
漢字で書くと“背紋陣笠葉虫”。

前翅と胸部の外殻に透明な部分をもつ虫で、堅い殻で身を守りつつ、殻の中から外界を見渡せるという驚くべき構造を有している。

亀は甲羅に隠れれば外の世界を見ることができないが、この虫はそれができるのである。

体長は5mmほどで、バラ科の植物の葉を食べて育つ。

北海道から九州にまで棲息する昆虫で、とくに希少種ではないのだが、葉の裏にぴったりと身を寄せていることが多く、なかなか目にとまりにくい虫である。

森林(やま)の生態系は、本当に様々な生物で成り立っているものである。

20100825 セモンジンガサハムシ(友好の森)
NIKON D90 105MICRO

|

« クサカゲロウの仲間の幼虫 | トップページ | ニホンカモシカの出産 »

虫と一緒に森林づくり2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セモンジンガサハムシ:

« クサカゲロウの仲間の幼虫 | トップページ | ニホンカモシカの出産 »