« 勝負の季節 | トップページ | ツリフネソウにマルハナバチ »

2010年9月29日 (水)

サラシナショウマ

20100928sarasinashouma

突然秋がやってきた。
朝晩などは、涼しいのを通り越して、寒いとさえ感じる。

そうした秋の訪れをどのように察知しているのだろうか、サラシナショウマが花を咲かせ始めていた。

サラシナショウマは、キンポウゲ科の多年生草本。
漢字では“晒菜升麻”と書き表される。

“晒菜”は、花茎が立ち上がる前の若い葉を茹でた後、水で晒して食したことから付けられた。
清流に1~2日間も晒したというから、よほどのアクやえぐみがあるのだろう。
生きていくために先人達が為した工夫には、ただただ感服である。

“升麻”は、この植物から得られる生薬名で、秋に根茎を掘り採り、乾燥したものをいう。
解熱、解毒、強壮の効能をもち、他の生薬と配合し、様々な漢方薬に利用されている。

花自体はとても小さいが、多くの花がブラシのように集まる(穂状花序)ので、秋の森林(やま)を彩る存在である。

20100920 サラシナショウマ(谷地地区)
NIKON D90 105MICRO

|

« 勝負の季節 | トップページ | ツリフネソウにマルハナバチ »

川場の花図鑑2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラシナショウマ:

« 勝負の季節 | トップページ | ツリフネソウにマルハナバチ »