« 臭いの正体 | トップページ | 愛宕山初登頂 »

2010年10月29日 (金)

クマは食いしん坊

20101028kuma

ツキノワグマという動物は、ともかく食物に対する執着が強い動物である。
普段は、極力人との接触を避けるようにしているが、一度、美味しい食べ物があると分かると、人間の生活圏にも入ってくる。

こうした行動特性は、クマの進化と大きく関係している。

クマは、生物学上は“食肉目(ネコ目)”に分類される動物であることが示すように、躰は肉食動物の形態を強く残しているのにもかかわらず、食性はほぼ草食といってよいほどに変化しているのだ。
具体的には、歯(裂肉歯)が肉食動物の特徴を色濃く残していることや、消化器官もいたってシンプルであり、これも肉食動物のそれであるにも関わらず、ドングリなどの堅果類や木の実、花や葉などを摂食するため、消化効率がとても悪く、そのため、大量に食べ無ければならないのだ。

他の動物を狩るのには、大変なエネルギーが必要であるため、クマはそれよりも、どこにでもある植物を食べる方向の進化を選んだというわけだ。
この先、何万年か経った頃には、歯や消化器が草食に適合したものに変化し、それによって小食になっているのかもしれないが、ともかく、現在のクマはそうはなっていない。

だからこそ、クマは食べることにどん欲にならざるをえないのだ。

クマのこうした特徴を知っておくことが、農業被害を最小限に抑えるためにも是非必要なことであるはずだ。

(2010/10/28 生品地区)
自動撮影装置

|

« 臭いの正体 | トップページ | 愛宕山初登頂 »

川場のけものと鳥たち2010」カテゴリの記事

コメント

Berryさんのママさん!
こんにちは!

遭いたいですよねえ!
でも、注意してくださいね。
とくに、ワンちゃんのお散歩の時に、リードを放すと、ワンちゃんがクマを飼い主の方に追い立ててしまうことがありますので、リードを放すのは、クマがいない場所であることを確認してからがいいですよ!

順調ならば、今月半ばくらいから冬ごもりに入ると思いますが、今年はどうでしょうね。

投稿: くま | 2010年11月 2日 (火) 22時56分

大きなクマですね。
家族や友達はみんな一度は目撃したというのに、わたしは一度も遭ったことがありません。
ナマナマしい爪あとや糞などは見かけるのですが・・・
先日もクマ出没注意のため、我が家の周りをパトロールが巡回していました。
でも一度は会いたいものです。
でもそろそろ冬眠の時期ですよね。12月からでしょうか?
最近地球温暖化でクマの冬眠の期間が短くなったとかいう話を聞きます。

投稿: Berryのママ | 2010年11月 2日 (火) 19時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クマは食いしん坊:

« 臭いの正体 | トップページ | 愛宕山初登頂 »