« テンナンショウの実から思うこと | トップページ | 厳しい季節を目の前に »

2010年11月 8日 (月)

冬の訪れ

20101108azami

絵画には全く疎いのだが、古い時代の油絵画家がそのままキャンバスに載せそうな存在感がある。

本格的な冬の到来まではもう少し時間がありそうだが、盛夏の時期にはなかった清涼感が辺りの空気を引き締めているようにも思える。

アザミの仲間は、夏から晩秋にかけて次々と花を咲かせ、そして秋が深まると、綿毛を着けた種子を風に運ばせる。

なかのビレジのスタッフが綴るブログでは、降霜がつたえられていた。

冬の森林(やま)で遊ぶ支度を急がなくてはならない。

(2010/10/16 後山)
NIKON D300 28-300

|

« テンナンショウの実から思うこと | トップページ | 厳しい季節を目の前に »

その他諸々2010」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の訪れ:

« テンナンショウの実から思うこと | トップページ | 厳しい季節を目の前に »