« 協働 | トップページ | ◆◇◆謹賀新年◆◇◆ »

2010年12月26日 (日)

鹿達の冬

20101225shika

今月の初め、日付が変わったばかりの時間に牝鹿の群が太郎地区の畑に現れた。

発情期を終え、おそらく多くの鹿のお腹には新しい命が宿っているのだろう。
冬の乏しい食料で、自らの命の火を消さないことだけでも大変なことなのに、お腹の赤児にまで栄養を与え続けなければならい。
解剖記録に因れば、この時期の鹿達は木の皮や落ち葉までを食しているようだ。

畑作も一段落している時期なので、農業被害を及ぼすことはないものの、来春以降の個体数増加は、農家の悩みのタネでもある。

害を防ぎつつも、鹿達を護っていく。
そんなことは到底無理だと、笑われたり、叱られたり。

けれど、この困難な課題になんとか答えを出したいと思っている。

(2010/12/25 太郎地区)
自動撮影装置

|

« 協働 | トップページ | ◆◇◆謹賀新年◆◇◆ »

川場のけものと鳥たち2010」カテゴリの記事

コメント

シルクさん!
こんにちは!

そうなんですよ!
牡鹿の凛々しさとは違いますが、牝鹿は牝鹿の力強さがありますよね。

投稿: くま | 2010年12月28日 (火) 17時44分

お腹に子を宿している雌鹿には雄鹿とはまた違った、力強さがありますね。

投稿: シルク | 2010年12月28日 (火) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/38216299

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿達の冬:

« 協働 | トップページ | ◆◇◆謹賀新年◆◇◆ »