« スズメバチの越冬 | トップページ | 座鹿(くらしし) »

2010年12月 7日 (火)

季節外れの華やぎ

20101207himeodorikosou

先月の半ばに、村内の萩室地区を散策していると、一畳ほどのスペースが、そこだけ華やいでいた。

稲刈りが済んだ田んぼは、水田特有の黒い土の色と枯れ草の色に染まりつつあったし、僅かに残る草の緑も、夏のそれとは違うくすんだ色を見せていた。
そんな光景の中に鮮やかな色彩が目を惹いていたのだった。

近づいてみると、ヒメオドリコソウが群落を形成しており、花を咲かせていた。

普通、ヒメオドリコソウの開花は雪解けの後なのである。

一株や二株が季節外れの花を咲かせることは、特段珍しいことではない。
“あだ花”などと呼ばれ、その不思議さや美しさを日本人は楽しんできた。
けれど、これだけまとまって花を着けているのは珍しい。

なにか特別な条件でも揃っているのかと思って辺りを見まわしたが、開花の理由は見つけられなかった。

確かに、温暖な気候の元では、長い開花時期をもつ植物ではあるのだが、不思議な光景だった。

(2010/11/14 萩室地区)
NIKON D90 105MICRO

|

« スズメバチの越冬 | トップページ | 座鹿(くらしし) »

川場の花図鑑2010」カテゴリの記事

コメント

ごんさん!
おはようございます!

ヒメオドリコソウは外来植物なので、あまり増えて欲しくはないのですが、それでも可愛らしい植物ですよね。

投稿: くま | 2010年12月14日 (火) 08時01分

ヒメオドリコソウは幼い頃から親しみのある植物です。うちのそばの土手にも生えていて、名前を知ってからたくさん探しました。晴れたら探しに行ってみようっと♪

投稿: ごん | 2010年12月14日 (火) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/413989/37996111

この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れの華やぎ:

« スズメバチの越冬 | トップページ | 座鹿(くらしし) »