« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の5件の記事

2011年5月17日 (火)

雪の中のイノシシ

20110517inosisi

東日本大震災から約2ヶ月が経った。

震災当日の3月11日にも、自動撮影装置は淡々と記録を続けてくれていて、降雪の中を渉猟中の大きなイノシシが写しとめられていた。

最近よく思うことがある。

傷を負ったら、傷跡はいつまでも残したいということだ。
もちろん、傷そのものが癒えないのは辛すぎる。
けれど、傷跡は残ってほしいと思うのだ。

私は、生来のいい加減者で、何か失敗をしでかしてもすぐに忘れてしまい、また同じことを繰り返してしまう。

だから、せめて傷跡が残っていれば、それを目にしたときくらいは傷をつくった顛末を思い出し、失敗を繰り返すという愚行が少しでも減るのではないかと思うのだ。

漫然と日々を送っているだけでは、今回の震災のことも、私は記憶の中できっと風化させてしまうだろうから。

(2011/3/11 中野地区友好の森)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

そろそろお目覚め?

20110509kumadana一月ほど前に、川場村最標高地に位置する“木賊(とくさ)”という集落でみかけた光景。

この地区も、太郎地区とならんで猿害に苦しむ地域だ。

ニホンザルばかりではなく、ツキノワグマの影もとても濃い地域である。

写真はヤマグリの樹。
集落に沿う道端に立つ、樹高25mほどの大きな樹だ。
昨秋は、沢山の実をつけたのだろう。
ざっと見ただけでも15あまりの“クマ棚”がつくられている。

クマは樹に登ると、幹の又の部分に腰を据えて手近な枝を引き寄せては身体の下に挟んで、枝の先に着いた実を食べる。
引き寄せた枝から実がなくなると、また次の枝を引き寄せる。

そうしてできるのがクマ棚だ。

冬の訪れとともに枯れた葉は、自然と落葉し、樹には残らないが、葉が繁っている時分に枝を折られ、そのことで枯れた葉は長く残るのである。

辺りを見まわすと、このヤマグリの樹ばかりだけではなく、山肌に点々とクマ棚を確認することができたが、これほどまでに沢山のクマ棚をつけている樹は珍しい。

自動撮影装置にも記録されていなかったので、このクマ棚だらけの樹を見つけた時期には、まだ冬ごもりの最中だったのではないかと推測されるが、大型連休を過ぎた今時分は、冬ごもりから目覚めて、森林(やま)を見回っていることだろう。
もしかしたら小熊を連れているかもしれない。

クマと地域住民の間の軋轢はなんとかして軽減しなくてはならない課題だが、クマが棲む川場村の森林を誇りに思うことから考えを始めたいものだ。

(2011/4/17 木賊地区)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

新緑の季節に思う

20110505kyoboku樹木は、地上に出ている部分と同量の地下部をもつという話を聞いたことがある。

樹木の根系を専門にする研究者にこの話の真贋について尋ねると、地上部と地下部の比率は樹種によっても異なるうえに、生育環境によって様々なので、そのように説明することはできないと、なんとも味気のない返答をもらった。

ともあれ、地下にも、地上部に匹敵する部分をもつことは確かなことである。

人は樹木を見るときに、通常は、地上部しか見ることができない。
だから、どうしても地上部の姿で樹木を量ることになる。

けれど、目に触れぬ地下部を充実させなければ、立派な地上部を誇ることはできないのだ。

人知れず努力を重ねることを水鳥の脚の水面下の動きに擬えることがあるが、よく似ている。

他人に認められようと、目に見える部分ばかりを飾り立てても駄目なのである。
他人の目には触れない部分を充実させることで、目に見える部分が輝き始める。

“桃李言わざれども下自ずから蹊を成す”という諺は、桃やすももの木は美しい花や美味しい実がなるので、何も言わなくても人々が通い、下には自然と道ができるという意味であるが、美しい花も、美味しい実も、しっかりと大地に張った根があってこその華である。
ついつい、他人に認められたくて、他人の評価を気にしてしまうが反省しなくてはならない。

森林(やま)では、新緑が一斉に萌えだし、とても美しい季節を迎えている。

(2009/6/28 川場谷)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

残雪の中の春

20110501zannsetu

2週間ほど前、川場村から背嶺峠を越えて片品村に足を延ばすつもりで車を走らせていた。
背嶺峠は別名“花咲(はなさく)峠”とも呼ばれ、川場村と片品村の村境となっている。

役場や学校などがある辺りは、既に雪は全く見られず、村の景色はすっかり春模様であったのに、村境のトンネルの手前まで400mほど標高をかせぐと、辺りは一面の雪景色だった。

カラマツ林に目を遣ると、木々の根元の雪だけが融け美しい景色をつくっている。

立木に付着した雪や霜などが陽に溶かされ、幹を伝って流れ落ち、僅かに表土を露出させる。
表土は、雪に較べて色が濃いため、さらにそこだけが陽に温められ雪解けを速める。

ほんの小さなきっかけが、ゆっくりと春を拡げていく。

こうしてできた穴の底では、周囲よりも少しだけ早く春の花が咲いていることも多い。
周りの雪が冷たい風を防ぎ、暖かなスポットがつくられているのだ。

真っ白な雪景色のなかに点々と春。
斜光が木々の影を山肌に沿わせている。

(2011/4/17 背嶺トンネル近く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

カキドオシ

20110430kakidoosi

全国どこででも遭うことができる春の花。
シソ科の多年草の“カキドオシ”である。

縁にギザギザ(鋸歯)をつけた丸い葉が特徴的だ。

カキドオシの名は、垣根をくぐって隣家まで侵入するほど成長力が強いことから付けられている。
写真の状態では、そうした様子は想像しにくいが、花期が過ぎる頃から茎が上方に伸び始め、さらに成長するとその茎が倒れて蔓状に延びてゆくのだ。
その蔓に沿って着く葉の様子を、古銭が連なる様に見たてて“連銭草(れんせんそう)”という別名ももっている。

カキドオシには薬効成分も認められていて、糖尿病や各種の結石、虚弱体質や水虫などに効くとされている。
先述の“連銭草”がそのまま生薬名にもされている。
また、子どもの疳の虫にも効果があると伝えられていて、“疳取草(かんとりそう)”とも呼ばれてきた。

川場村でも至るところでお目にかかることができる。
そのためか、珍しくもないこの花には人々の目が向かず、存在を知らない人も少なくないようである。

スギやヒノキの植林の適期がいつの間にか過ぎたようだ。

(2011/4/17 後山)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »